フィリピン留学

フィリピン留学の現実を現役留学中の19歳が語る【一週目】

皆さんこんにちは!お久しぶりのイシザキです!割と久々の投稿なんですけどなぜブログを更新しなかったかというと特に理由はありませんw

僕はただ、絵をかいたり、YouTubeみたり、ラジバンダリー。

↑ネタが通じてるかちょっとだけ不安なイシザキ

 

そんな僕ですが7月7日からフィリピンに3か月の短期留学に来ております。なので今この記事を書いてるタイミングでフィリピン生活の第一週目が終了しました。

まだ来て一週間ですが、一週間生活しているうちに基本的なことはわかったのでそこら辺を紹介しようと思います。なお、このフィリピン留学の途中経過は1週間ごとに書いていきたいと思います!(たぶん)それでは行きましょー!

フィリピンの空港についた時のこと

フィリピンのマニラ空港に到着して最初に合った入国審査は想像よりもすんなりと通りました。目的などを英語で聞かれるんじゃないかとドキドキしていましたが(英語勉強しに来てるんだからそれくらい答えろって感じですけどw)そんなこともなく、2人いた正面の審査官のたぶん怖い方(見た目)に当たりましたが全然問題なかったです。

おそらくですが機内で書いた入国カードが利いたのかなって思います。僕は最初から入国カードを書くつもりでいたんですけど、僕が寝ていたからかジェットスターだったからかわかりませんがあるタイミングでみんなに配られるってものではありませんでした。なので僕はキャシーさんに入国カードはもらえますか?と聞いてみたところすぐに持ってきてくださいました。なのであらかじめ調べておいた書き方を見ながら書きました。

書いていて気づいたのが入国カードの形が同じじゃないところです。何種類かタイプがあるみたいなんでもし入国カードを書くよって人はそこらへん気を付けてくださいね!個人的に一番間違えそうと思ったところは出身国と今住んでる国を書くところです。普通に日本で生活してる日本人の方ならどちらもジャパンって書けばオッケーですが、これを間違えてこれから行くフィリピンを書いてみたり出身国と移住国の違う方などはよく見て書きましょう。

あとこれはおそらく流れに従えば問題ないと思いますが、入国審査の列は国によって違うので近くに行ったらとりあえずどこかに並んでみましょう。すると少々厳ついおじさんに話しかけられます。僕の場合は「Your Chinese?」と話しかけられたのでJapaneseといったら日本人の列に連れて行ってくれました。どうやら僕は最初フィリピン人の帰国用の列に並んでいたようですw日本人の列はほぼ真ん中にあります。

イシザキ
イシザキ
危うくフィリピンに帰化するところだったぜ!

フィリピンで学校までのバス移動中に思ったこと

僕のいる学校であるPainsはバギオって町にあります。バギオはマニラからかなり離れているのでバスで5~6時間は移動することになります。そしてこのバスでの移動の間何回かトイレの時間はあったらしいんですが僕は眠りが深すぎて気づきませんでしたwなので一度もトイレ休憩ないんだと思っていたので乗ってる間はずっと戦々恐々としていました。

ですが、本当に偶然にも僕の膀胱の動きが遅かったおかげ(たぶん時差ボケ)で何とかなりました。まあそれでもおそらく2時間おきとかだと思うのでくれぐれも僕みたいなやや頻尿ぎみの留学予定の方はマニラ空港で必ず出すもの出してきてくださいね。

あとこれも気を付けたほうがいいことなんですけど、バスが死ぬほど寒いです。僕は一応仲介業者の方から伺ってはいたんですけどtシャツ着てその上に上着着るくらいじゃ全然寒いです。なので僕は体を震わせながら体を端に寄せてなるべく冷気が当たらないようにして、鞄を抱えて寝てました。なのでもう一枚割と厚手のパーカーだったりを手持ちに入れておくのをお勧めします。

ということでここまでが大事なことです。これより下は完全に僕の感想ですのでもしよかったらご覧ください。ちなみに見ても観なくても特に影響はないです。

野犬多い

イシザキ
イシザキ
怖えわ

鶏がフリーダム

イシザキ
イシザキ
どこ走っとんねん

牛が本当に海外の牛って感じに首の後ろの骨が出てる

イシザキ
イシザキ
前の職場のパートのおじいさんを思い出しました

パッと見、売店で売ってるのが白いパンみたいなのしかねえ

イシザキ
イシザキ
松たか子が焼いたらたぶん美味い

山しかねえ

イシザキ
イシザキ
です

家の基本構造はトタン屋根に石造りの壁

イシザキ
イシザキ
安価だけど頑丈

ジョリビーって蜂のマークのファストフード店多すぎ問題

イシザキ
イシザキ
空港にもある。ファストフードだけどパスタとかご飯が出てくるのが普通らしい。聞いた話によると、フィリピンではマックよりジョリビーのほうがおおいらしい

かといって別にマックが少ないわけでもない

イシザキ
イシザキ
だけどマックもめちゃある。僕が話を聞いて一番驚いたのは、ジョリビーが一般化してるからかわからないけどフィリピンのマックでは普通のメニューの中にジョリビーみたいにパスタとご飯があるらしい。そしてそれが普通のセットに入ってるみたい。気になるので気が向いたら行きます。

飲料系の広告看板はたいてい背景スプラッシュ

イシザキ
イシザキ
なんでも水ぶちまければいいってもんじゃない

電柱が丸くないのもある

イシザキ
イシザキ
俗にいうHの形の鉄骨がそのまま電柱として使われてた。上に行くに従って細くなっていく

フィリピン学校の授業のこと

やはり一番気になることは授業だとおもいますが、pinesに関する詳しい記事はまた追って投稿する予定ですのでこうご期待!(授業忙しいんで結構後になると思います。)

今回は気になるであろう3つの質問に対して現状の僕の感想を書きたいと思います!

一日にどれくらい勉強するの?

僕の場合はスピーキングマスターコースっていうコースなので強制自習の時間も含めると一日に11クラスの一回45分で計8.25時間は最低でもあります。ちなみに僕のコースはどうやらほかのコースの人たちよりも少し多いコースなんだそうです。僕は小・中・高と人生で一度もまともに勉強したことなかったので一日に8時間も同じことをするって体験自体がかなり新鮮なんですけど、嫌になったかというと今のところはまだ問題ないです。

でもやっぱりだるいっちゃだるいです。特に始まってから二日目の朝は初日の緊張を引きづって不足だったことと、新鮮なことなので余計に時間が長く感じてややストレス気味でした。でも3日目4日目と行ううちに動きに慣れて問題なくこなせるようになりました。もちろんまだ一週目なので全く油断できませんがとりあえずはこの環境になれることができてよかったです。

 

なんか英語力が上がったって感じたことってある?

まだ一週目なのでいかんせん文法は形を成してないし、単語が出てこないことも多いですが最近になって一番変わったと思うのはヒアリングの部分です。この一週間の間に英語がだいぶ聞き取りやすくなりました。

そのおかげで英語を耳に入れて処理すること自体がかなりしんどいと感じていた初日と比べて英語を聴くこと自体へのストレスはだいぶなくなりました。なので少しではありますが、先生と笑いながら会話ができるようになりとても嬉しいです。

あとこれは意図してはいなかったのですが、僕がいつもの調子で何気なくヘッドホンで好きな洋楽を聴こうとしたらな、な、なんと!

イシザキ
イシザキ
あれ、なんかメロディー以外もちょっと聞こえてね?

となりました。フィリピンに来る前にはその曲のメロディーしか聞き取れず、そのメロディーの中に声も交じってるって感じでした。しかし、今回の場合は意味こそ分からないもののちゃんと単語単語が聞き取れました。思いがけない感じで成長を感じましたがすごくうれしかったです。

 

英語できるようになりそう?

これからの伸び次第だと思うけど意思疎通=できること ならばたぶん3か月でできるようになるんじゃないかなと思います。あとは文法のブラッシングや発音が必要になりますがとりあえずやれるだけやってみようと思います。

 

まとめ

フィリピンは日本と違って水道水は飲めないしウンチした後の紙も詰まるからごみ箱に捨てないといけないけど、実際来てみると想像していたよりははるかに過ごしやすいなと感じました。おそらくフィリピン有数の避暑地バギオだからなのかもしれませんが、また2週目、3週目も亀の歩みでいいので少しずつ、少しずつ成長していければいいなと思いました!

また、来週も投稿予定なのでその間よければほかの記事も観て行っていただけるとイシザキ的にはすごくうれしいです。よろしくお願いします♪

二週目の記事↓

フィリピン留学の現実を現役留学中の19歳が語る【二週目】こんにちは!今回は二週目の記事です。実際はだいぶ遅れて書いておりますがどうしてもモチベが上がりませんでした!どうかお許しください(;´Д...