雑記

僕が眠れない時にしている対処法を紹介する

ddimitrova / Pixabay

こんにちはイシザキです!今日のテーマは睡眠です!一日の約三分の一を占める大事な部分ですが、たまに何をやっても寝れない!ってことありますよね?

そんなあなたのために今回は寝る前にあんまやらないほうがいいなとおもったことと僕が実際に試して効果を実感できた独自の睡眠法を紹介します!

ちなみに独自ってところでわかるかもしれないんですが僕は睡眠学者じゃないので実際に科学的効果があるかは正直わかんないですし知識も個人の範疇です(^_-)-☆

なのでフーン(*’ω’*)って参考程度に見ていただけるとありがたいです。

それではイキマショー!

睡眠にやらないほうがいいこと

Pexels / Pixabay
  • スマホを見ない
  • ゲームをしない
  • テレビを見ない
  • クリエイティブなこと(絵描いたり、小説書いたり、曲作ったり)は控える
  • 睡眠に完璧な環境を作ろうと”張り切らない”←ここ重要!
  • あんまりノリノリor好きすぎる曲を聞かない
  • 直近1~2時間で飯を食べない

寝る前にやらないほうがいいことはこんなところだと思います。スマホテレビなどのデジタル系はブルーライトを放っています。ブルーライト浴びると脳が起きちゃうので寝るときには控えたほうが無難です。

またゲームはブルーライトもしかりなんですが何より作業ゲーでもFPSでもどんどんやってしまうのでその結果ドンドン目が冴えていっちゃいます(◎_◎)

クリエイティブな作業も、自分でここまで!と終わらせられない僕のようなタイプ(笑)の方はやらないほうがいいです。

後寝れない人で意外と多いのが寝るために頑張っちゃう人です。ある程度なら問題ないのですが過剰に張り切ってしまうと交感神経が高くなって余計に寝れない体になってしまうので気持ちは痛いほどわかりますが”頑張らない”ように気を付けましょう!

そして、あんまり好きすぎるものだったり自分がノリノリになってしまうものも避けたほうがいいです。それは曲でもそうですが漫画だったり本だったりも好きすぎるものは読破したくなってしまうので注意です。

そして、最後はご飯です。ご飯食べると眠くなることもありますが、ご飯を食べると胃が動き出して脳も信号出すために寝にくくなっちゃうので寝る前は食べないほうがいいです。

ものを噛む動作も脳に刺激が言って覚醒させてしまうので、もし寝る前にお腹がすいたらコップ一杯の水などで紛らわすといいかも!

 

以上が睡眠の前にやらないほうがいいことです。意外とやっちゃってたり、当てはまること多くないですか?僕はよくスマホのブルーライトが原因で目が冴えちゃうことがおおいのでせめてもの抵抗でnight shiftモードを活用してます。

睡眠にオススメのこと

congerdesign / Pixabay
  • 寝る前に風呂に入る
  • クラシックを聴く
  • 良い香りのお香をたく
  • 軽い読み物を読む(アナログの)

寝る前にいいことはこんな感じです。基本的にはリラックスすることで副交感神経を高めて眠りにつきやすい体にするために行います。

寝る前に風呂に入ったほうがいい理由として人は体温が高い状態から低い状態になるときに眠くなりやすいからです。また、お風呂自体にもリラックス効果があるのでお勧めです。

リラックス効果があるお湯の温度は39~40℃でそれ以上の温度になると逆効果になってしまうので注意しましょう。

 

お香やクラシックは自分の心地のいいものを選んでみてください。読み物は短めの話か区切りが要所要所にあるものがいいです。個人的には名作系の純文学が400円くらいで買えるのでオススメです!

僕が開発したピーナッツ睡眠法を紹介する

僕はたまに眠れなくなります。理由は様々で昼夜逆転生活が原因の時もあれば、楽しみなことが次の日にあって眠れなくなったりなんとなくYouTubeを見ていて目がさえてしまうこともあります。

なので僕はそんなときに寝れる方法を研究しました。その日ごろの暇な時間の研究の成果が今回紹介するピーナッツ睡眠法です。

ピーナッツ睡眠法とはイシザキが暇な時間の末に考えついた睡眠法で、この方法を使うと結構簡単に眠ることができます。まだ人に試してもらったことなどはないので効果の幅は謎ですが、僕としてはなかなかいいんじゃないかなと思うので紹介させていただきます。

1.まず自分の楽な姿勢になり全身の力を抜く

まず自分の楽な姿勢、寝やすそうな姿勢になります。そのあと一気に体の力をファーって抜きます。するとだんだんと手、足などが重くなって脱力状態を感じるようになってきます。まずはそこまでやりましょう。

・この時に手と足を布団の外に出すとそこからが出て行ってより眠りやすくなります。

・目も無理に閉じる必要はなく半目でもいいです。とにかく気絶したくらい脱力した状態になってください。

2.頭の中にピーナッツを思い浮かべる

ここからは実際にピーナッツを用いてやっていきます。なお、実際に思い浮かべるものはピーナッツでなくてもいいです。過剰にピーナッツを意識してしまうのもよくないので、あくまで例だと思ってください。ここで肝心なのは何か一つのものをただボーっと思うことです。

・ここでは実際にやるということで試してみようという気が強くなると思いますがそれも雑念になってしまうので力を抜いてからはなるべく無心になることを心がけましょう。

3.頭の中のピーナッツをただただ見る

このフェーズでは思い浮かべたピーナッツをただ頭の中でみます。おそらくここが一番難しいですが、時間がかかっても焦らずに行ってください。

ココが難しいと思われる最大の理由はずばりピーナッツの形のみをイメージするということです。人という生き物は意外と無意識のうちに予測変換をしてしまったり、脳内エンジンで検索してしまったりします。なのでその時に、脂質はどれくらい入ってるんだろう。食べ過ぎるとニキビできるとかいうよね。とか考えちゃだめです。寝よう!っていう心意気さえもあんまりよくないので僧侶の気分で行いましょう。無欲すら欲しない心です。

4.そのままピーナッツを意識が朦朧とするまで追う

ここまで来てしまえばあとは目の前のピーナッツがどんどんいろんなものに変わっていくと思います。それはいわば夢のかけらです。なのであとは車や人、葉っぱなどに変化していくピーナッツをただただ観察しましょう。この時、変わっていくピーナッツをまたピーナッツに戻そうと意識する必要は全くないです。変化を受け入れましょう。

 

以上が僕の開発したピーナッツ睡眠法です。仕組みとしては簡単ですが要は脳内検索エンジンを使わないための方法です。なので、ただボーっと一つのものを思い浮かべるだけしてください。

ちなみに僕がピーナッツを進める理由はピーナッツのことを専門家のように知っている人はあんまりいないかな?と思ったからです。

実は思い浮かべるものが好きなものの場合持ってる情報が多すぎて知らない間に脳内検索してしまうことが結構あります。

例を挙げるとガンダムの形を頭の中で思い浮かべるとします。その場合、ガンダムが好きな人は勝手に頭の中にアニメのシーンやゲームのシーンが思い浮かんでしまいますよね?このように好きなものの場合、芋づる式に情報が出てきてしまいます。

なので、ピーナッツ以外のものでやるときもなるべく自分が知らない、知識を持っていないものでやったほうがいいと思います。

終わりに

こんだけ寝れる方法を紹介しておいてなんですが何しても寝れないというときはたぶん生きてたら何回かはあると思います。でも、まずは寝れない自分にイライラしたり、起床時間が近づいてくるのに焦ったりするのではなくこれで寝れなかったらしょうがないという感じで気軽な気持ちでいましょう。

そして何日も寝れない人は不眠症などの疑いもあるので近くの病院の先生でもいいので相談してみるといいかもしれません。

冒頭でも話しましたが睡眠は人生の約3分の1です。きちんと寝てシャキッと起きて残りの時間をやりたいことのために使えるようにしたいですね!

最後まで見ていただきありがとうございました!イシザキでした!

 

 

やっぱり眠れなかった方は暇つぶしにほかの記事でもいかがですか?(*´▽`*)↓

僕の大好きな人形作家 ”千代田 梓”さん~azusa doll~の話をするこんにちはー! イシザキです!今回は人形の話です! いや唐突だなwと思われるかもしれませんがその通り唐突なので返す言葉もございませ...

 

アーロンチュパって誰?僕の中で一番最高のDJですどうもこんにちは!最近、最高のDJと動画越しでばったり会ってしまい、ヘッドホンを買うことを検討しているイシザキです。 追記:ヘッド...

どうぞごゆっくりしていってください~(*^-^*)