時事

ZOZOの前澤社長 月へ!

日本を代表するイノベーターの一人、ZOZOTOWNの前澤社長が月へ飛び出すらしい。ロケットは2023年に飛び立つ予定ということ。そのとき僕がまず思ったのは”いいなー!”だった。

WikiImages / Pixabay

いや普通にうらやましい。正直月なんて総人口約75億人のほとんどの人にとってただの景色だし、実際に月が好きって人でも月のことを見たい!や知りたい!とは思っても行きたいとかその上を歩いてみたいなんて本気で考えてる人はごくわずかだと思うんだよね。

しかも、あのイーロンマスク率いるスペースX社との協力!

Σ(・□・;)

イーロンマスクといえば僕の大好きなヒーロー、アイアンマンのトニースタークのモデルになったといわれる、ほかの実業家よりも頭三つぐらいとび抜けたイノベーター。最終目標は人類の火星移住だという、、 本当に恐れ入ったwでも本当におもろいおっさんですねw

WikiImages / Pixabay

↑ここに移住させるらしい

そもそもだけど、月に最初に人類が降り立った時から何十年たってもあんまり、人が降り立っていない理由としては

  • 降り立つのがくそ難しいっていうこと
  • めちゃ遠いってこと

そしてその二つの条件をクリアできるロケットを作るにはコストがかかりすぎる&今のところそんなメリットがないかららしいんだよね。

まあ、例えば僕の大好物である生ハムの味がする最高のう●い棒作りたいけど一本に5000円以上もかけないといけないし、一部のマニアにしか受けないんだったら製造者は作りたくないみたいな(全然違うわw)

昔アポロが月に行った時代はアメリカはソ連との冷戦関係があったから何としても上に立たなければならないということでいろんなことを度外視でできた。(予算とか)

日本でいうと今の技術じゃ作れないって言われてる戦艦大和みたいなものだと思うんだけれど、それをイーロンマスクがあえて挑戦する。民間機で月面着陸まで言ったらそれこそ革命ものだよね!

なんかさ、小さいころに夢見てた世界にどんどん手が届きそうになってるのが楽しみでもあり恐ろしくもあるなーって思います。まあ、僕デスティニー(ゲーム)とかやってるんで95:5くらいの感じで圧倒的に楽しみが上回ってますがw

月に行くとなれば当然付きまとうのは”安全なの?”ってところだと思いますが現状だと最悪の事態になる確率も0ではないかもと個人的には思ってたりします。

やっぱり実験するにもお金かかるし無人なら中をしっかり作る必要はないけど(有人と比べたらってことです)有人は空気も水もいるから超大変だよね͡(;’∀’)

でも国のロケットなら最悪の事態にならないってことでもないしそれでビビっててもしょうがない。とくにイーロンマスクの場合、最終目標は火星に人類を送り込むことだから今回の通過点は決して避けて通ることはできない。。

どちらにせよ、有人でミスって前澤社長に何かあったらこれ以上の開発はおろか、イーロンマスクの立場も危ういから本当に名前通り命がけのフライトになると思う。

だがあえて僕は声高々に言おう!頑張れイーロンマスク!無理しないでね前澤社長!そして、僕らガン●ム、宇宙戦艦ヤ●ト、スター●ォーズ、ウルトラ●ン?にあこがれた日本、世界中の元少年たち、現少年たちに夢を見せてくれい!!

イーロンマスクのやることはなんとなく、子供が考えるような壮大で難題なことを大人が総出で何としても実現させる!みたいなところがあるからそこら辺がすごくロマンがあるし面白くて好きなんだよね(*´▽`*)

僕もいずれは火星に移住する予定なので今のうちから事前準備と予行練習を兼ねてしっかりとガン●ムUCを見返そうと思います。

マリーダさんが好きです。

どうもありがとうございました。