ニュージーランド

行きたくなるかも! ニュージーランドの地域ごとの特徴まとめ

みなさんこんにちは!もう寝なきゃいけないと思ったが最後、2時間は寝れないことがあるイシザキです!

さて今回はニュージーランドの地域ごとの特徴の紹介です。ニュージーランドに旅行に行きたいって方やワーホリに行きたいと言う方は必見です!

場所によってあまり変わらない部分から想像と比べてガラッと変わってしまうところもあるかもしれません。そんなことでせっかくの海外渡航にしこりを残してしまわないように是非ご覧いただければと思います!!

ニュージーランドの大きな地方の分け方と違いについて

では最初にニュージーランドにおける大きな区分を紹介したいと思います。ニュージーランドという国は大きく分けて二つに区分することができます。それが北島南島です。

 

北島~North Island~

北島は写真の上側にある島のことを言います。北島の面積は113,700 km²あるそうです。例を挙げると大体北海道と九州を合わせたときよりちょっと小さいくらいの大きさです。

想像よりも大きくね?!と思った方もいるかと思います。実際僕も最初知った時そう思いました(笑)北島にある大きな都市はニュージーランド最大の都市オークランドや首都であるウェリントンです。

大きな都市があるということもあり、この国の人口の70~80パーセントは北島にいます。なのでニュージーランドにワーホリなどする方で、ニュージーランドでも便利な暮らしがしたい方、英語にあまり自信のない方、生活環境を変え過ぎたくない人は都市部であるオークランドやウェリントンがいいと思います。

上記の二都市は国際都市としても有名なので多国籍の友達を作りたい方もおすすめです!

南島~South Island~

南島は上記の写真の下側にある島です。大きな方と覚えてもいいと思います!南島の面積は151,215 km²あるということでだいたい北島にもう一個九州つけたくらいです!

わかりやすく言えば北島がチャーラーセット(チャーハンとラーメン)だとしたら南島はそこに餃子がついた感じです!お腹いっぱいですね!※島の大きさの話です

南島にある大きな都市はクライストチャーチなどが挙げられます。クライストチャーチは南島最大の都市で国内では二番目に人口の多い街です。この街の素晴らしいとことはその町並みにあります。

後で紹介しますがこの街は「イングランド以外で最もイングランドらしい街」としても有名です。

ニュージーランド内における南島の人口はおよそ30パーセントほどと少なめですが南島の良いところとしてはとにかく自然が豊かなところで、ニュージーランド最高峰のクック山(標高3754m)も南島にあります。↓

skeeze / Pixabay

それと、南島は北島と比べてより本来のニュージーランドの情景を残した場所が数多くあります。マオリの伝説が残されているということもあり南島のことを本土と呼ぶ人もいるそうです。

なので、自然が好きな方より地元に住んでいる人と友達になりたい方などは南島もおすすめです!

ニュージーランド内の地方区分と名称

ニュージーランドは16の地方からなっていてそのうちの9つが北島、残りの7つが南島にあります。

北島の地方

ノースランド地方

中心都市:ファンガレイ

温暖な気候と美しい自然がありリゾート地としても知られている。

オークランド地方

aucklanddarcoil / Pixabay

中心都市:オークランド

人口約140万人を擁するオセアニア最大の都市ニュージーランドの3割以上はここに住んでる。「シティーオブセイルズ(帆の街)」とも呼ばれ水の都といった感じ。

ワイカト地方

hobbitStockSnap / Pixabay

中心都市:ハミルトン

都市人口はNZ中第4位、昔はマオリ(先住民)の村があった。今ではロードオブザリングにも出てくるホビット村がある。

ベイ・オブ・プレンティ地方

中心都市:タウランガ

農業観光業が盛んな地方で、都市名のタウランガは「カヌーの停泊所」という意味がある。

ギズボーン地方

中心都市:ギズボーン

3つの大きな川(トゥランガヌイ川、タルヘル川、ワイマタ川)があり、市の近くにはきれいなビーチがある。サッカー、クリケットが有名

ホークス・ベイ地方

Makalu / Pixabay

中心都市:ネーピア

近くにあるヘイスティングズという町とともに「双子の都市」と呼ばれている。また北海道 苫小牧市と「姉妹都市になっている。なんというか家族の多い町である(笑)

タラナキ地方

Browser / Pixabay

中心都市:ニュープリマス

映画「ラストサムライ」のロケ地となったタラナキ山(標高2518m)がある。なお、活火山のためこれまでに8回噴火してる。

マナワツ・ワンガヌイ地方

中心都市:北パーマストン

農業、漁業に林業も盛んな地方。北パーマストンはいくつもの学校があり学生がすごく多い教育面で優れた町。

ウェリントン地方

12019 / Pixabay

中心都市:ウェリントン

国の全人口の470万人のうち約48万人が住んでる首都のウェリントンがある。また、国内の芸術や映画産業の中心地で数多くの著名な映画監督を輩出してる(ロードオブザリングのピータージャクソンなど)

南島の地方

タスマン地方

中心都市:リッチモンド

ワインの産地として有名でタスマン海とゴールデン湾に接している地方で国立公園がある。

ネルソン地方

中心都市:ネルソン

ニュージーランドの地方の中でもっとも小さいが国内の幸せ度調査で1番だったウルトラハッピーな地方。国土のちょうど真ん中らへんにあるので「ニュージーランドの中心」とも呼ばれている。

マールボロ地方

Barni1 / Pixabay

中心都市:ブレナム

この地方も緑豊かでワインの産地として知られていて都市のブレナムにはマールボロ地方議会がある

ウェスト・コースト地方

中心都市:グレイマウス

タスマン海と南アルプス山脈がぶつかる場所にあり、その影響から雨の日がものすごく多い。あまりに雨が降るので「雨の地域」と呼ばれている。

カンタベリー地方

csharker / Pixabay

中心都市:クライストチャーチ

クライストチャーチはビジネスから商業まで盛んでとても緑が多い街。また、「イングランド以外で最もイングランドらしい街」といわれている。

実際に上記のクライストチャーチの風景と下記のイングランドの風景を比べてみると確かによく似ている。(個人的にはニュージーランド内で一番行きたい街です(*´▽`*))

Graham-H / Pixabay

 

オタゴ地方

ArvidO / Pixabay

中心都市:ダニーデン

オタゴ地方のオタゴ半島には貴重な生物が数多く存在している。また、中心都市のダニーデンにはオタゴ大学があり、学園都市としての一面を持っている。

あと、世界一急な坂「ボールドウィン・ストリート」がある。坂の名前のところを押せば見れるのでぜひ見ていただきたい。

サウスランド地方

中心都市インバーカーギル

ニュージーランドの最南端に位置する町インバーカーギルがある。緯度が低いため一年を通して平均気温が10度くらいしかなく寒い。12月の後半には16時間くらいはずっと昼である。

まとめ

いかがだったでしょうか!

有名な北島もいいですけど南島の魅力も伝わったのではないでしょうか♪僕はのんびりした性格なので南島の時がなだらかに流れてそうな雰囲気は良いなぁって思います(´ω`*)

皆さんがニュージーランドを訪れる機会がございましたらぜひ、参考にしていただければと思います!

それでは!